山陽新聞デジタル|さんデジ

行政機能維持へ退職職員が協力 奈義町がOB・OG団体と協定

協定書に調印した奥町長(右)と岡部会長
協定書に調印した奥町長(右)と岡部会長
 岡山県奈義町は26日、町職員が新型コロナウイルスに感染した場合にも行政機能を維持するため、町の退職職員でつくる親睦団体「なぎの会」と業務支援に関する協定を結んだ。町によると、新型コロナ対策でOBやOGに協力を求める協定は県内の自治体で初めて。

 会には、事務職のほか、土木や水道などの専門知識を持つ人、保育士や保健師として働いた人ら90人が所属。職員感染に伴って出勤停止が多数発生し、人手が足りなくなった場合などにボランティアで支援を仰ぐ。

 この日、町役場で調印式があり、岡部利邦会長(72)と奥正親町長が協定書に調印した。奥町長は「流行の2波に備えた体制づくりのために力を貸してほしい」と述べ、岡部会長は「いざという時に自分たちの経験を生かし、長年お世話になった町へ恩返ししたい」と話した。

(2020年05月26日 20時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ