山陽新聞デジタル|さんデジ

社会経済活動に向け独自の目安 岡山県、感染状況を4段階区分

社会経済活動に向け独自の目安 岡山県、感染状況を4段階区分
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う社会経済活動の自粛要請を巡り、岡山県は22日、県内の感染状況を四つのフェーズ(局面)に分け、段階的に緩和する独自の目安を正式に決めた。現状は最も厳しい要請の段階から2番目のフェーズだとした上で、イベント開催の判断基準などは前倒しして緩和した。

 19日に示した案を一部修正し、22日の県対策本部会議で承認された。フェーズは、感染者の数や医療体制の逼迫(ひっぱく)状況により(1)活動自粛(2)段階的な活動再開(3)感染対策と活動の両立(4)活動の全面再開―と分類し、外出や学校、イベントなどの項目ごとに対策を示した。フェーズの移行は一律ではなく、項目ごとに切り替える。

 現状と位置付ける(2)では、県境を越えた移動を控えるよう呼び掛けるほか、接待を伴う飲食店やスポーツジムなど他県でクラスター(感染者集団)が発生した施設への出入り自粛を求める。県外客が多い県有施設も休止する。

 イベントに関しては22日から(3)に移行。中止・延期を判断する規模を「50人以上」から「屋内でおおむね100人以上、屋外で同200人以上」に緩和した。パチンコ店など遊興・遊技施設も県外客の入店制限といった要請を全て解除し、感染予防対策の徹底を条件に(3)に切り替えた。

 県は(3)への全面移行には、新規感染者数が2週連続で前週を上回らない、直近1週間で感染源不明の感染者が新たに出ていない―などを条件とし、6月上旬を見込む。(3)では、県境を越えた移動の自粛要請も解除する。

 要請が全て解除される(4)への移行は、ワクチンが実用化され、国民の多くが免疫を得ることを条件にした。

 一方で、感染者が5日間連続で確認され、前週を大きく上回った場合などには、不要不急の外出や商業施設の営業自粛などを要請する(1)に戻る。

 伊原木隆太知事は対策本部会議後の取材に「感染リスクとのバランスを取りながら週単位でフェーズの移行を検討したい」と話した。

(2020年05月22日 20時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ