山陽新聞デジタル|さんデジ

マイナンバーシステムに通信障害 岡山市、給付金巡り市民が殺到

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市は8日、マイナンバーカードシステムに通信障害が生じ、関連の手続きを中止したと発表した。新型コロナウイルス対策で支給される一律10万円の給付金を巡り、オンライン申請で必要な暗証番号を忘れた市民が窓口に殺到し、市からのアクセスが集中したためとしている。

 市によると、暗証番号の再設定には各区役所など8カ所の窓口を訪れる必要があり、混雑によってシステムへの接続が不安定になったという。業務に支障が生じたため、午後2時で暗証番号の再設定やカード受け取りなど全ての手続きを打ち切った。11日には再開予定で、状況は市のホームページで案内する。

 マイナンバーカードの再設定を巡っては、全国の自治体で混雑が見られている。

(2020年05月08日 21時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ