山陽新聞デジタル|さんデジ

7市4町公共施設 多くが休止継続 井原などで再開の動き

7市4町公共施設 多くが休止継続 井原などで再開の動き
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため大型連休中は多くの公共施設の利用が休止された。7日は県立美術館(岡山市北区)など県有施設の一部が利用可能に。備中エリアでは当面休止を継続する公共施設が多いものの、井原市などでは再開する動きも出てきた。

■倉敷市
 公民館やスポーツ施設などの利用を31日まで休止する方針。国や県の動きによっては、期間短縮の可能性もあるという。市内の5図書館(中央、水島、児島、玉島、船穂)は、電話やインターネットで予約があった書籍の貸し出しを8日から再開する。

■総社市
 6日までとしていた公民館やきびじアリーナなどの臨時休館を、31日まで延長。市図書館では電話、インターネットでの事前予約による貸し出しのみ7日から再開した。国民宿舎サンロード吉備路、吉備路もてなしの館も31日まで休館となる。

■笠岡市
 公共施設の休止は31日までとしているが、近隣市町で感染拡大が落ち着きつつあるとして、24日までの前倒しを検討する。各地区の公民館など不特定多数が集まらないとみられる施設は再開をさらに早めることも考えるという。

■井原市
 31日まで休止としていた市内公共施設57カ所のうち、20カ所を9日から順次再開する。対象は井原運動公園、芳井、美星の両運動場、市文化財センター古代まほろば館など。美星天文台など県外からも人が訪れる施設は、休館を継続する。

■浅口市
 市営無料バス「ふれあい号」の運行と、公園や小学校の遊具利用を7日から再開。岡山天文博物館や市健康福祉センター、公民館といった公共施設は引き続き、当面の間休館する。各市立図書館では事前予約した本の貸し出しのみ行っている。

■高梁市
 備中松山城は本丸と天守の閉鎖を当面継続。予約貸し出しのみに対応している図書施設は館内利用を11日から再開(閲覧席は使用不可)。吉備川上ふれあい漫画美術館なども11日から開館。市成羽美術館は特別展「没後90年記念 児島虎次郎 もうひとつの眼」を12日から再開する。

■新見市
 公園や市民体育館、公民館は11日から、まなびの森新見図書館などは12日から市民に限り利用可能となる。図書館・図書コーナーは貸し出し、返却はできるが、長時間滞在は不可。新見美術館や満奇洞、井倉洞、神郷温泉、大佐山オートキャンプ場などは31日まで休館・休業を継続する。

■早島町
 20日までとしていた町中央公民館、町民総合会館などの臨時休館、小中学校の体育館やふれあいの森公園などの利用休止をそれぞれ継続。6日まで休館していたいかしの舎(や)は、喫茶、貸し部屋とも7日から通常営業を再開した。

■矢掛町
 図書館や町総合運動公園、やかげ郷土美術館などの公共施設を31日まで休館とする。各地区公民館で行っている次亜塩素酸水の配布は当面続ける。

■里庄町
 つばきの丘運動公園は、散策やジョギングなどに限って9日から再開するが、グループや大会での利用は認めない。町立図書館は11日から事前予約した図書の貸し出しを開始。予約は10日から受け付ける。その他の公共施設は当面の間、休館を続ける。

■吉備中央町
 屋内公園「キッズパーク」は当面休止を継続。重森三玲記念館は31日、天体観測・宿泊施設「アストロコテージ ガリレオ」は6月30日まで休館する。

(2020年05月07日 19時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ