山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

バラ大輪 色とりどり咲き誇る 高梁のショウブ園で見頃

色とりどりに咲き誇るバラ
色とりどりに咲き誇るバラ
 高梁市川面町の県道巨瀬高倉線沿いにあるショウブ園で、バラが見頃を迎えた。赤やピンク、黄色など色とりどりの大輪が咲き誇り、一帯に甘い香りを漂わせている。

 JR備中川面駅の北東約2キロの場所にある園(約50アール)で、田原健さん(78)=同市=が栽培。丸い形が愛らしい「シンデレラ」やピンクと白のグラデーションの「ピエールドロンサール」など50種類約100株が植えられており、例年並みの5日ごろから開花し始めた。

 園内では、テントウムシやモンシロチョウが気持ちよさそうに飛び交い、地元住民らが散策や写真撮影を楽しんでいる。今月末まで見頃という。

 田原さんは3年前、自宅の鉢で育てていたバラを移植。専門書で剪定(せんてい)の仕方などを学び、雑草取りや病害虫対策といった手入れをほぼ毎日行っている。「太陽の光がきれいに当たる朝の観賞がおすすめ。屋外で密を避けられるので、気軽に見に来てほしい」と呼び掛ける。

 園内では500株のハナショウブも栽培しており、6月上旬から中旬にかけて見頃を迎える。

 入園無料。

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ


TOP