山陽新聞デジタル|さんデジ

【備前】わがまちのイッピン!自然薯 甘さと粘り「祭り」も定着

 深さ20~30センチの地中に横たわるヤマノイモ・自然薯(じねんじょ)を目指して、まずはくわを使い、最後は素手のまま両手でゆっくり、慎重に土を掘り返していく。

 「傷が付くと傷みが早まる...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

ふるさと点描岡山学

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP