山陽新聞デジタル|さんデジ

バレエで「心に栄養を」 ウクライナ首都の名門 侵攻下、新たな芸術模索

 1世紀以上の歴史を持つ名門ウクライナ国立バレエはロシアの侵攻後も、首都キーウ(キエフ)のウクライナ国立歌劇場で公演を重ねてきた。バレエ芸術監督を務める寺田宜弘さん(47)は団員の戦死や先の見えない未...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

スクランブル

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP