山陽新聞デジタル|さんデジ

お盆合わせ夜間集中接種開始 20日まで県営会場 予約不要枠も

会場でワクチン接種を受ける女性
会場でワクチン接種を受ける女性
 新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、岡山県は11日、お盆休みに合わせたワクチンの集中接種をスタートさせた。県医師会館(岡山市北区駅元町)に設けた県営会場で20日まで毎日夜間に実施。予約枠は既に埋まっているが、予約なしでも打てる枠を用意している。

 仕事で休みが取りにくい人や大学生らの接種を促進する狙い。初日は242人が訪れ、医師の問診の後、看護師から注射を受けた。岡山市南区、会社員男性(52)は「仕事の都合でタイミングが合わなかった。無事に打てて安心した」と話した。

 使用ワクチンはファイザー(13、20日はノババックスも)で、予約枠はファイザー(1~4回目対象、各日180人)、ノババックス(1~3回目対象、同40人)ともにいっぱい。15日までの午後7時~8時と16~20日の午後8時15分~9時は、予約なしでファイザーの接種ができる。

 ただし、当日の接種人数によっては受け入れられない可能性もあり、県のホームページで空き状況の目安を公表している。

関連記事

主要

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP