山陽新聞デジタル|さんデジ

奈義で児童ら育てたヒマワリ見頃 休耕田で支援施設・湧気自然塾

奈義町の休耕田で見頃を迎えたヒマワリ
奈義町の休耕田で見頃を迎えたヒマワリ
 児童発達支援・放課後デイサービスの湧気(ゆうき)自然塾(岡山県奈義町荒内西)の利用者らが、同町皆木の休耕田で初めて育てたヒマワリが見頃を迎えた。夏の空に映える大輪が地元住民らを楽しませている。

 施設に通う子どもたちに、植物を育てる魅力を体験してもらおうと企画。約10アールを所有者から無償で借り、6月上旬に種をまいた。約1・5メートルの高さに育ったヒマワリは次々と開花し、16日ごろまで見頃が続くという。

おでかけ

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP