山陽新聞デジタル|さんデジ

県議選、共産県委が現元3人擁立 岡山市北区・加賀郡は森脇氏

森脇久紀氏
森脇久紀氏
 共産党岡山県委員会は17日、来春の県議選の公認候補予定者として、現職と元職の計3人を擁立すると発表した。

 元職は党県委員会副委員長の森脇久紀氏(59)=岡山市北区=で、岡山市北区・加賀郡(定数8)に立候補する。森脇氏は2003年の県議選で初当選し連続4期務めたが、19年の前回は同選挙区で落選した。植本完治委員長は「岡山市北区・加賀郡は県都・岡山市の中心の選挙区。議席奪還に全力を挙げる」とする。

 現職は岡山市中区(同4)の氏平三穂子氏(71)=現在3期、倉敷市・都窪郡(同14)の須増伸子氏(56)=2期=の2人。いずれも同じ選挙区に立てる。

 同委員会はこの日、植本委員長ら役員全14人を再任する15日付の人事も発表した。任期は1年。

選挙

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP