山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山の聖火ランナー52人変更なし 高橋大輔さんは混雑予想で保留

有森裕子さん
有森裕子さん
高橋大輔さん
高橋大輔さん
新田佳浩さん
新田佳浩さん
 5月19、20日に岡山県内12市町を巡る東京五輪聖火リレーで、県実行委員会は25日、ランナー52人を公表した。新型コロナウイルスの影響で延期される前に決まっていた顔ぶれと変わりなく、五輪マラソン2大会連続メダルの有森裕子さん(54)=岡山市出身=らが選ばれた。五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さん(34)=倉敷市出身=は、沿道の混雑が予想されるとして保留となっている。

 県実行委によると、高橋さんからは既に参加の了承を取り付けているという。観客が密にならない場所を走ってもらうなど東京五輪・パラリンピック組織委員会と対策を検討しており、条件が整い次第、正式決定する。

 オリンピアンはマラソンの重友梨佐さん(33)=備前市出身=らも選出され、パラリンピアンは障害者スキー金メダリストの新田佳浩さん(40)=西粟倉村出身=が参加。西日本豪雨で被災した中学生3人も聖火をつなぐ。

 県実行委は新型コロナの感染防止対策として、ランナーやスタッフの体調管理の徹底、祝賀行事「セレブレーション」での3密(密閉、密集、密接)回避などを組織委の方針に沿って進めていく。事務局の県スポーツ振興課は「各自治体と連携して成功させ、スポーツ熱の盛り上げにつなげたい」としている。

 聖火は5月19日に井原市を出発し、県西部を経由して岡山市に到着。20日は玉野市から県北部、東部を回り、津山市でフィニッシュする。52人が走る市町も変更はない。スポンサー枠を含めると総勢170人以上のランナーが参加する。

 聖火リレーを巡っては、組織委の森喜朗前会長の女性蔑視発言を受けて他地域で辞退者が出たものの、県内では辞退の動きはない。

 他の主なランナーは次の皆さん。(敬称略、かっこ内は主な肩書、住所・出身地)

 川相昌弘(元プロ野球選手、岡山市出身)▽森末慎二(五輪体操金メダリスト、同市出身)▽山口舞(五輪バレーボール銅メダリスト、同市)▽栂安朋子(車いすランナー、吉備中央町)▽ボーマン三枝(がん患者支援グループ代表、早島町)

政治行政

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP