山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県で15人感染 県内529人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県と岡山、倉敷市は25日、計15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は再陽性を除いて529人となった。

 岡山市が発表したのは、30~70代の男女9人と年代性別非公表の2人の計11人。いずれも無職の70代男女3人に肺炎の症状があり、中等症という。他の9人は軽症か無症状。11人のうち7人は濃厚接触者としてPCR検査し、4人は感染経路不明としている。

 県は赤磐、備前市と早島町の計3人の感染を発表した。このうち赤磐市の40代男性は岡山市内の介護施設に勤務する介護従事者。備前市は市内の医療機関に勤める50代女性医療従事者で、いずれも発熱などの症状が出て検査を受けた。早島町は40代女性パート職員。

 倉敷市の発表は、市内に住む50代の男性自営業者1人。16、17日に仕事で東京都や栃木県を訪れ、20日から発熱や全身の倦怠(けんたい)感があったという。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

医療

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP