山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ対策学びクラスター防ごう 津山市が事業所向け出前講座

市職員による新型コロナウイルス対策の事業所向け出前講座=19日
市職員による新型コロナウイルス対策の事業所向け出前講座=19日
 新型コロナウイルス感染拡大が続く中、津山市は職場での有効な対策と、感染者への差別や偏見の防止を学んでもらう市内事業所向け出前講座を今月から行っている。クラスター(感染者集団)の発生防止などが狙い。希望する事業者の申し込みを随時受け付ける。

 講座は2部構成で1時間程度。新型コロナの基礎知識や対策は、健康増進課の職員が担当する。食事や休憩、喫煙時などマスクを外す場面で感染リスクが高まることや、換気や消毒の方法、濃厚接触者や感染者が確認された際の対応などについて説明する。

 人権啓発課は、人権侵害の事例を踏まえ、予防策を徹底して不安を減らし、正しい情報に基づいて冷静に行動するよう呼び掛ける。

 受講料は無料。申し込みは、健康増進課(0868―32―2069)。

政治行政

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP