山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ 勝央と津山で計3人感染 岡山県内205人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は26日、いずれも津山市内の60代男性と20代女性、同県勝央町内の20代男性の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は再陽性を除いて205人となった。

 津山市の2人は、クラスター(感染者集団)が発生している津山中央病院(津山市)の入院患者と医療従事者。県によると、既に感染が確認されている7人(職員3人、入院患者4人)と同じ病棟で接触があり、PCR検査で一度陰性となったが、再検査を受け25日に陽性が分かった。同病院での感染者は計9人。

 同病院は26日、クラスターに対応する県の専門家チームを23日に受け入れたことをホームページ上で明らかにした。診療は縮小せずに継続するとしている。

 勝央町の男性は25日に感染が公表された同町の20代女性の同居家族。津山圏域消防組合によると、男性は同組合中央消防署(同市)管内の出張所職員。必要な消毒を済ませ、業務に影響はないとしている。女性は会食を通じて感染が広がった県内7例目のクラスター関係者で、会食に同席した大阪府在住の1人も陽性が確認され、このグループの感染者は計6人となった。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

新型コロナ・岡山対応

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP