山陽新聞デジタル|さんデジ

3選の伊原木知事 県庁で公務再開 コロナ検査「件数引き上げる」

岡山県知事選で3選を果たし、県庁で出迎えを受ける伊原木氏=26日午前9時
岡山県知事選で3選を果たし、県庁で出迎えを受ける伊原木氏=26日午前9時
 25日投票の知事選で3選を果たした伊原木隆太氏(54)は26日、県庁に登庁して公務に復帰し、3期目を事実上スタート。職員への訓示では、常に県民目線で業務に取り組むよう求めた。

 伊原木氏は午前9時、公用車で県庁に到着。知事室に入って保健福祉部から県内の新型コロナの感染状況について報告を受け、副知事らと協議した。

 幹部約100人を集めた訓示では、県政の2本柱に据える教育再生と産業振興に引き続き力を注ぐ姿勢を強調。その上で「県民の幸せを考えて業務を改善し、施策のアイデアを出してほしい。それが質の高い行政サービスにつながり、やりがいにもなる」と述べた。

 報道各社の共同インタビューにも応じ、新型コロナに関して「今月末までに1日当たりの検査件数を従来(700件)の5~6倍にする。診療可能な医療機関も増やす」と対策を強化する方針を示した。選挙戦の投票率が過去最低の33・68%と低迷したことについては「残念だが、コロナ禍でもっと下がると思っていた。投票に足を運んでくれた県民に感謝したい」とした。

 3期目の任期は11月12日から4年間。

政治行政

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP