山陽新聞デジタル|さんデジ

秋の高校野球 家族5人まで入場可 岡山県高野連、運営委で決定

 岡山県高野連は17日、倉敷市で秋の県高校野球大会(26日開幕)の運営委員会を開き、新型コロナウイルス感染対策として夏季県大会に続き、観戦者の入場制限を行うことを決めた。部員1人につき家族5人まで認め、一般客は観戦できない。

 同大会で観戦できたのは部員1人につき保護者2人までだったが、プロスポーツなどのイベントで入場者制限が緩和傾向にあることを踏まえ、範囲を広げた。入場者からは大人700円、中高生100円の「大会協力金」を徴収する。多田一也会長は「感染者を出さなかった夏季県大会の実績を生かして運営する」としている。

 来春のセンバツにつながる秋の県大会は26、27日、10月3、4、10、11日の6日間、倉敷市のマスカットスタジアムを主会場に行われ、県内3地区の予選を勝ち抜いた20校がトーナメントで争う。23日の組み合わせ抽選会は従来、出場校の責任教師と選手が参加していたが、感染リスクを抑えるため責任教師のみで行う。

新型コロナ・岡山対応

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP