山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷のEYE企画が破産手続き コロナ倒産、県内7件目

 東京商工リサーチ岡山支店によると、広告物企画・制作のEYE企画(倉敷市中庄、資本金200万円、小原寛之社長)は3日までに、岡山地裁倉敷支部に自己破産を申請し、手続きの開始決定を受けた。同支店の集計では新型コロナウイルス感染症に伴う岡山県内7件目の倒産で、負債額は約2千万円。

 調べでは、EYE企画は2005年9月設立。他社との競合で業績が厳しかった上、岡山市への事業所新設などで借入金が膨らみ資金繰りが悪化。新型コロナの影響で主要顧客からの受注が減り、行き詰まった。

倉敷・総社

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP