山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山、広島 全県立校を臨時休校へ 3月2日から、見送りの自治体も

休校が決まり、校舎を後にする岡山県立中の生徒たち=28日午後4時、岡山市内
休校が決まり、校舎を後にする岡山県立中の生徒たち=28日午後4時、岡山市内
 岡山、広島両県教委は28日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の拡大に伴う文部科学省の要請を受け、全ての県立学校を3月2日から臨時休校とすることを決めた。両県では大半の市町村も公立学校で休校の措置を取る。津山、総社市は文科省が対象外とした幼稚園も含めた。保護者の負担を考慮するなどとして当面の休校を見送った自治体もある。

 岡山県教委は県立中高、特別支援学校など69校を原則として3月2日から春休みに入るまで休校にする。県庁で開いた県の対策本部会議で鍵本芳明教育長は「児童生徒には不要不急の外出を避け、自宅で過ごすよう指導を徹底していく」と述べた。

 2日以降に予定されている卒業式や入試も最小限の人数や時間とする。特別支援学校は、児童生徒の居場所確保といった観点から当面1週間は学校での受け入れを認める。

 同県では岡山、倉敷、津山、玉野、笠岡、総社、高梁、新見、備前、赤磐、浅口市と早島、里庄、矢掛、鏡野、勝央、久米南、吉備中央町、新庄、西粟倉村の20自治体も3月2日から公立全校の休校を決めた。保育園、幼稚園などはほとんどが開所する。

 岡山市は片付けや修了式・卒業式などのため各校2~3日程度の登校日を設ける。倉敷市教委は当初、幼稚園も休園の方針を示していたが、開所する。

 一方、美作市は県内で感染者が出ていないことを踏まえて当面の休校を見送った。井原市は共働き世帯への影響を考慮し、小学校では授業を続ける。美咲町の2中は期末テストなどのため4日まで登校日とした。

 瀬戸内、真庭市、和気、奈義町は休校に入るのを3日以降とした。

 県によると、私立は小中高など42校のうち専修学校1校を除く41校が休校。大半が2日からとしている。

 広島県でも、県立の全102校が原則として2日から休校となる。公立小中学校も同様の措置を取るよう各市町教委に要請。福山市は、市立小中高校112校の臨時休校を決めた。同市内の私立高では6校が休校とする。

(2020年02月28日 23時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ