山陽新聞デジタル|さんデジ

新型肺炎対策 マスク無料配布 総社市、防災用備蓄40万枚

片岡市長(右)からマスクを受け取る地域づくり協議会の代表者
片岡市長(右)からマスクを受け取る地域づくり協議会の代表者
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、店頭のマスクが品薄になっている事態を受け、総社市は5日、防災用に備蓄しているマスク40万枚を、市民や福祉施設などに無料で配った。

 市民向けは20万枚で、16万枚は小学校区ごとにある地域づくり協議会を通じて各地区で配布してもらう。4万枚は市役所の玄関で手渡す。残りの20万枚は介護、障害者施設、学校向けなど。

 午前9時半から市役所で式があり、片岡聡一市長が「市民を守るために一刻も早く配ってほしい」と述べ、同協議会と福祉施設の代表者に手渡した。神在コミュニティ協議会の平松秀昭会長は「スーパーやドラッグストアにマスクがなく不安に感じていた。早速活用したい」と話した。

 市役所では、運転免許証などで市民であることを確認し、1世帯につき1セット(10枚組)を配る。市はさらに10万枚を用意しており、店の在庫状況などを見ながら追加の配布を検討する。

(2020年02月05日 11時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ