山陽新聞デジタル|さんデジ

県内コロナ入院者数 3週ぶり減少 直近1週間、重症者はゼロ

県内コロナ入院者数 3週ぶり減少 直近1週間、重症者はゼロ
県内コロナ入院者数 3週ぶり減少 直近1週間、重症者はゼロ
 岡山県は17日、直近1週間(6~12日)の新型コロナウイルス感染状況をまとめた。入院者数は79人(前週85人)と3週ぶりに減少。重症者は4週連続でゼロだった。

 入院者数の減少は重症化しやすい高齢者の感染が抑えられたことが要因。感染レベルは専用病床の確保を必要としない「段階0」を維持している。

 県内84の定点医療機関から報告された感染者数は136人(前週202人)。1医療機関当たり1・62人(2・40人)と9週連続で減少した。前週は増加した80代以上が11人(34人)と大きく減ったのをはじめ、大半の年代で減少傾向が続いている。

 県保健医療部は「昨年は11月中旬から感染者が増えて医療が逼迫(ひっぱく)した。寒くなっても定期的な換気を徹底してほしい」としている。

(2023年11月17日 16時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ