山陽新聞デジタル|さんデジ

水害予測 AIできめ細かく 岡山大など開発、実証実験へ

 豪雨や台風による浸水被害の軽減を目指し、岡山大の比江島慎二教授(風工学)と同大発のベンチャー・ハイドロヴィーナス(岡山市南区内尾)が水害予測システムの開発を進めている。大規模河川だけでなく、小さな川...

(2022年08月08日 18時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ