山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県最多2996人 高齢者5人死亡 クラスター10件

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で3日、新型コロナウイルスに感染していた高齢者5人の死亡と、2996人の感染が確認された。1日当たりの感染者数は7月30日の2616人を上回り過去最多。岡山、真庭市など6市町で計10件のクラスター(感染者集団)が発生した。県内での死者は264人、感染確認は14万3915人となった。

 死者は岡山市2人のほか、県発表で居住地非公表の3人。新規感染者の居住地は岡山市1424人、倉敷市768人、津山市146人、総社市74人、玉野市70人など。年代別は10歳未満が520人と最も多く、30代492人、40代487人、20代385人、10代363人などと続く。症状は中等症が9人で、他は軽症か無症状。

 クラスターは岡山市で5件あり、中学校で13人、医療機関2カ所で計15人、高齢者入所施設2カ所で計12人の感染が判明。他は真庭市の保育施設で28人、津山市の会社で15人、鏡野町の保育施設で8人、奈義町の社会福祉施設と和気町の高齢者施設で各7人の感染が分かった。県内でのクラスターは888例となった。

(2022年08月03日 20時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ