山陽新聞デジタル|さんデジ

フジの花モチーフ 御朱印作る 和気神社、300枚限定で頒布

和気神社が藤まつりに合わせて作製した御朱印
和気神社が藤まつりに合わせて作製した御朱印
 和気神社(岡山県和気町藤野)は、フジの花をモチーフにしたレース生地の御朱印を作った。23日に開幕した「藤まつり」(同町主催)を盛り上げようと初めて作製し、300枚限定で頒布している。

 御朱印は縦14センチ、横10センチ。半透明のレース生地に、紫色に咲くフジの花房のほか、早春の境内を彩るピンク色のツバキ、同神社の祭神・和気清麻呂を救ったとされるイノシシを刺しゅうしている。レースの透け感とカラフルなイラストが組み合わさり、涼しげな印象を醸し出す。

 神社近くの藤公園(同所)で3年ぶりに開催されている藤まつりに合わせ、レース製造の岡山レース(赤磐市桜が丘西)と共同で作った。小森国彦宮司(50)は「多くの人に藤まつりに来てもらい、参拝にも立ち寄ってほしい」と話している。

 1枚1300円。頒布期間はまつり会期の5月上旬までで、社務所のみで取り扱っている。問い合わせは和気神社(0869-93-3910)。

(2022年04月27日 18時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ