山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県で18人感染、1人死亡 新型コロナ 45例目クラスターも

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で26日、新型コロナウイルスに感染して入院していた1人の死亡と18人の感染が発表された。亡くなったのは岡山市の高齢者。感染者は岡山市11人、倉敷市4人、瀬戸内市3人。県内の死者は19人、感染確認は2266人となった。

 岡山市の感染者のうち6人は、市内の高齢者入所施設の職員と入所者。既に陽性が判明している4人を含め、感染者は10人となり、市は県内45例目のクラスター(感染者集団)と判断した。市は「施設外への感染拡大の恐れはない」として施設名を公表していない。

 瀬戸内市の3人は、クラスターが発生した市内の医療機関の入院患者で、一連の感染者は16人となった。

 感染が発表された18人はいずれも軽症か無症状。岡山、倉敷市の各1人の感染経路が不明という。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2021年01月26日 19時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ