山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山27人感染 県内1185人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内では24日、新たに27人の新型コロナウイルス感染が判明した。倉敷市10人、岡山市9人、津山市4人、笠岡市2人、真庭、瀬戸内市が各1人。県内での感染確認は1185人となった。

 県によると、津山市の4人のうち3人は、クラスター(感染者集団)認定されている市内の高齢者入所施設の利用者2人と職員1人。同施設の感染者は12人になった。

 県教委によると、津山市の残りの1人は、クラスターになっている津山工業高(同市)の教職員。同高での感染者は7人。同高は24日も臨時休校とし、予定していた終業式は中止した。冬休み中の部活動などは状況を踏まえて判断する。

 真庭市の1人は別の県立高の生徒。同高は24日、感染確認された生徒の対象学年のみ登校を見合わせたが、他の学年も感染拡大を懸念して欠席や早退が相次いだため、授業を途中で打ち切った。

 岡山市の9人のうち1人は県内最大のクラスターが発生した縫製工場で働く従業員の同居家族。

(2020年12月24日 21時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ