山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 広島市で8人感染 スーパー銭湯でクラスター

広島市役所
広島市役所
 広島市は22日、市内の20~70代の計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち7人は「スーパー銭湯ゆーぽっぽ」(同市安佐北区)で上演された大衆演劇の劇団員と観客で、市はクラスター(感染者集団)と認定した。広島県内の感染確認は計479人(再陽性を除く)となった。

 既に感染が判明した患者2人もこのスーパー銭湯で観劇しており、市は現時点でクラスターは9人とみている。今回陽性と分かったのは劇団員が6人(20代4人、40代2人)、観客は50代の1人で、患者2人と同じ9日に観劇していた。あとの1人は観客の同居家族で70代。いずれも軽症か無症状という。

 スーパー銭湯は21日から休業。9~20日の観劇者が500人余りおり、体調に不安がある人は、市のコールセンター(082―241―4566)に連絡するよう呼び掛けている。

(2020年09月22日 18時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ