山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山市20代男女感染 市内で5日連続、県内35人に

岡山市内で2人が新型コロナウイルスに感染したことを受けて市が開いた会見
岡山市内で2人が新型コロナウイルスに感染したことを受けて市が開いた会見
 岡山市は18日、市内の男女2人=ともに20代、サービス業=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症で、岡山市内の感染判明は5日連続。再陽性を除き県内は35人目、同市内では25人目となった。

 市によると、男性は17日に判明した20代女性の濃厚接触者で、14日に女性が男性が勤務する市内の店舗に客として訪れた。17日にPCR検査で陽性を確認し、その後の聞き取りで、7日以降に発熱や倦怠(けんたい)感などの症状があったことが分かった。18日に市内の医療機関に入院した。

 サービス業の女性は勤務先が広島県内で、15日に発熱し、17日に新型コロナウイルス外来を受診。PCR検査で陽性となった。現在は感染症指定医療機関で入院している。

 現時点での濃厚接触者はともに職場の同僚で、男性が14人、女性が1人。17日に判明した女性のほかの濃厚接触者は同居の家族3人を含む6人で、いずれも陰性だった。

 記者会見した福井貴弘保健福祉局長は「7月に入って若い世代の感染が続いている。手洗いやうがいを心がけ、異変があれば速やかに医療機関や保健所に相談してほしい」と述べた。

【新型コロナウイルス エリアの最新ニュースまとめ】

(2020年07月18日 16時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ