山陽新聞デジタル|さんデジ

清心女子大 資料の印刷代全額負担 オンライン授業拡大受け学生支援

ノートルダム清心女子大
ノートルダム清心女子大
 ノートルダム清心女子大(岡山市北区伊福町)は、学生がオンライン授業で使う資料の印刷代を全額負担する支援策を始めた。学生の要望に応えて、コンビニのセブン―イレブン各店のマルチコピー機を使って無料で印刷できるようにした。

 同大学務部によると、オンライン授業で困っている点について学生にアンケートしたところ、回答者の4分の1が資料を手持ちのプリンターで印刷する不便さや、インク代、用紙代がかさむ不満を訴えたため、6月末から支援を開始した。

 担当教員が使用する資料をPDFファイルにして学務部に申請すると、履修する学生にプリント予約番号と印刷可能な期間が通知され、期間内にマルチコピー機で無料印刷できるようになる。これまでに教員から約130件の申請があった。

 同大では5月から9月の集中講義までのオンライン授業実施が決まっている。今後は通信費の負担なども検討する。

 同様の支援は関西の私立大などで行われているという。

(2020年07月09日 10時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ