山陽新聞デジタル|さんデジ

広島・留置場の容疑者がコロナ感染 広島県内の感染者数166人に

広島市役所
広島市役所
 広島市は7日、広島県警に逮捕され広島東署内の留置場に収容された容疑者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今月上旬に東京都から移送されており、都内で感染した可能性が高いとみている。同県警の施設で感染者が出たのは初めて。県内の感染者数は166人(再陽性の4人を除く)となった。

 県警は移送などに携わった警察官24人を自宅待機とした。うち濃厚接触者9人はPCR検査を受ける。

 感染した容疑者は住居不定無職の成人男性で、5日に発熱や頭痛などの症状があり、市内の医療機関を受診。6日の検査で陽性が判明し、県警の監視下で、感染症指定医療機関に入院した。軽症という。

 県警によると、容疑者が感染の多い地域にいたことを踏まえ、警察庁通達に基づき留置場は1室に1人だけで収容。収容していた部屋と捜査車両は消毒した。自宅待機の警察官の所属は県警本部と広島東、広島南の2署に分かれており、それぞれ人員に支障はなく、通常通り業務を行っているという。

(2020年07月07日 17時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ