山陽新聞デジタル|さんデジ

多彩なオンライン講座紹介 津山の企業がサイト開設

サイトを開設した山田さん
サイトを開設した山田さん
インフルエンサーによる多彩なオンライン講座を掲載するサイト
インフルエンサーによる多彩なオンライン講座を掲載するサイト
 洋服の着こなし、スマートフォンでの撮影など岡山県内の多彩なオンライン講座を紹介するサイトが登場した。マーケティング会社「conote(コノテ)」(津山市北園町)が、新型コロナウイルスを警戒して自宅で過ごす人が増えていることから開設した。どの講座もインターネット上で影響力を持つ「インフルエンサー」がマンツーマン指導するのが特徴だ。

 サイトは「SEESAW(シーソー)」の名称で、現在約20講座をそろえる。アパレルデザイナーが普段着のコーディネートを助言したり、元キャビンアテンダントがメーキャップやマナーを手ほどきしたりする。高校生を対象にした岡山大医学部生の家庭教師、ギターの弾き語りレクチャー、ウェブライターによるスマホの撮影講座もある。いずれもビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って個別指導する。

 利用者はサイトにアクセスして受講したい講座を選び、インフルエンサーと直接日程を調整して学ぶ。時間は30分~1時間程度。料金は千~6千円。教室は今後も増やしていく予定という。

 コノテは県内のインフルエンサー約160人を抱え、その力を通じて県内企業・自治体の商品やサービスをSNS(会員制交流サイト)上でPRする事業を手掛けている。全インフルエンサーが写真共有アプリ・インスタグラムに500人以上のフォロワーを擁しており、中には10万人を超す人もいるという。

 今回のサイト開設は、新型コロナでオンラインの有用性が注目されていることから企画した。山田邦明代表(35)は「遊びながら学べるユニークな講座が多い。コロナ禍の機会だからこそ自分の糧になる技術を習得してみては」と利用を呼び掛けている。

(2020年05月31日 13時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ