山陽新聞デジタル|さんデジ

蒜山三座が山開き 登山の安全祈願

登山の安全を祈願する観光関係者ら
登山の安全を祈願する観光関係者ら
 真庭市と鳥取県境に連なる蒜山三座が16日、山開きし、中蒜山(1123メートル)麓の塩釜石彫公園(同市蒜山下福田)で登山の安全を祈願する神事があった。

 観光関係者ら14人が出席。雨のため公園のレストラン内で神事を行い、福田神社(同市蒜山中福田)の入沢喜一宮司(54)が祝詞を奏上、石賀幹浩・蒜山観光協会長(49)らが玉串をささげた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、恒例の蒜山アルプホルン愛好会による演奏や一般からの参加は取りやめた。

 石賀会長は「感染が収束すれば全国の人に来てもらい、蒜山で思い出をつくってほしい」と話した。

 同協会によると例年は11月中旬までに約5万人が訪れる。

(2020年05月16日 18時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ