山陽新聞デジタル|さんデジ

PCR検査の大規模実施提言 国に対し岡山、広島など18知事

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の解除後を見据え、伊原木隆太岡山県知事、湯崎英彦広島県知事ら知事有志18人が13日、国に対して緊急提言を行った。PCR検査などを大規模に行って感染者を早期発見し、対処する積極的な感染拡大防止戦略への転換を求めている。

 提言は、解除後の感染の再拡大を防ぎつつ、経済・社会活動を早期に正常化するには、有症者に対する受動的な検査から転換する必要性を指摘。検査拡大のため検体採取方法や検査対象基準を見直す▽治療・療養の施設確保▽感染者の行動歴を調べ、接触者を捜す人員の大幅増強―などを提案している。

 この日、中心になって策定した湯崎知事ら6人がテレビ会議で西村康稔経済再生担当相に提言。西村担当相は「連携して取り組みたい」と述べた。

(2020年05月13日 22時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ