文字

イルミネーション イベント

  • MOMOTAROH FANTASY 2017

    【場所】
    JR岡山駅周辺

    【期間】
    2017年12月1日~2017年12月25日

    JR岡山駅周辺を発光ダイオード(LED)で彩り、クリスマスムードを演出する。32回目となる今回は「桃太郎 光絵本」がテーマ。桃太郎の絵本をめくるように、変化のあるイルミネーションを展開する。12月 ...
  • へそナリエ

    【場所】
    さんさん広場

    【期間】
    2017年11月25日~2018年2月28日

    高さ約6メートルのツリー、観覧車、馬車といったオブジェなどに計3万個のLED(発光ダイオード)を取り付け、吉備高原都市を光で彩る。
  • さん太・ハッピー・イルミネーション

    【場所】
    山陽新聞さん太広場

    【期間】
    2017年12月1日~2017年12月25日

    約2万個の発光ダイオード(LED)電球で岡山市中心部のビル街を幻想的に彩る。さん太広場の樹木やガラスを隔てた山陽新聞社社屋内のツリーをライトアップ。ビルの壁面にもカラフルな星やサンタクロース ...

さんデジ写真館「イルミネーション2017」はこちら

イルミネーション マップ

イルミネーション 観光スポット

  • 倉敷みらい公園

     倉敷みらい公園~JR倉敷駅北の陸橋を、発光ダイオード(LED)約15万個で飾る。11月25日と12月24日には、倉敷市真備町産の竹(約30センチ)を使った「竹あかりワークショップ」を開催。ピアノコンサ ...
  • 西川緑道公園

     桃太郎大通り―あくら通りの約550メートルを過去最多の12万個のLED(発光ダイオード)の光で鮮やかに彩る。今年のテーマは「光のオーケストラ」。LEDを取り付けたワイヤを両岸につなぎ、時間とともに ...
  • イオンモール岡山

     市役所筋側の1階エントランスでは、瀬戸内海の星空をイメージした白と青のLEDが光り輝く。5階のルーフトップガーデン「haremachi Garden」には、木々をゴールド色のLEDで飾り付けた「光の森」が広 ...
  • JR岡山駅前

     JR岡山駅周辺を約8万7千個の発光ダイオード(LED)で彩り、クリスマスムードを演出する。32回目となる今回は「桃太郎 光絵本」がテーマ。割れた形をした桃のオブジェで広場の桃太郎像を囲み、街路 ...
  • イオンモール倉敷

     イオンモール専門店1階ワクワクガーデンにある樹木や壁面を約8万個のLED(発光ダイオード)で彩る。初日の11月17日午後5時半からは点灯式があり、人工降雪機による雪の演出や清心保育園の園児らによ ...
  • 西大寺緑花公園・百花プラザ

     西大寺緑花公園・百花プラザ北側のガラス壁に、電球で雪の結晶や星、サンタクロース、トナカイの電飾が施されている。芝生広場には初めてガゼボ(西洋あずまや)が設けられ、モミの木のツリーや雪だ ...
  • 旭川荘資料館前

     旭川荘資料館前の広場「むすびの園」一帯を約1万個の発光ダイオード(LED)でライトアップ。サンタクロースやトナカイなどのクリスマスアイテムに加え、白クマや雪だるま、汽車などのイルミネーショ ...
  • クラレ倉敷事業所

     ジャンボクリスマスツリーで師走の夜を彩る。社員発案で1990年にスタートし、冬の風物詩として定着。正門前にある高さ約15メートルと約10メートルのヒマラヤスギ2本を約1万7千個のLED(発光ダイオー ...
  • インターパークス里丘

     岡山市中心部の下石井公園の西側に隣接する立体庭園をカラフルな光で彩る。10回目を記念して、過去最多となる約5万個のLED(発光ダイオード)電球を一帯に飾り付け。巨大なクリスマスツリーやサンタ ...
  • マンガ絵ぶた公園

     住民団体がアニメのキャラクターなどを題材に手作りした「絵ぶた」16基(高さ1~2.5メートル)を内部から電球で照らす。見学無料。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.