文字

イルミネーション イベント

  • MOMOTAROH FANTASY 2016

    【場所】
    JR岡山駅周辺

    【期間】
    2016年11月28日~2016年12月25日

    JR岡山駅周辺をメーン会場に、約7万9500個の発光ダイオード(LED)でクリスマスムードを演出する。31回目となる今回は「桃太郎 クリスマスをとどける」がテーマ。同駅東口広場の桃太郎の像は桃をかた ...
  • 西川イルミ'16

    【場所】
    西川緑道公園

    【期間】
    2016年11月18日~2017年1月15日

    桃太郎大通り~あくら通りの約550メートル区間を過去最多の8万5千個の発光ダイオード(LED)で彩る。街路樹や遊歩道、下石井公園(岡山市北区幸町)東側にある水上テラスのほか、川面を照らす。期間中 ...
  • 水と緑の秘密基地

    【場所】
    西川緑道公園

    【期間】
    2016年12月17日

    岡山市中心部の西川緑道公園で開かれている「西川イルミ'16」の特別企画。障害福祉サービス事業所の閑谷ワークセンター・せとに通所する石原大義さん=同市=が、戦隊ヒーローや動物をテーマにした自 ...

さんデジ写真館「イルミネーション2016」はこちら

イルミネーション マップ

イルミネーション 観光スポット

  • 倉敷みらい公園

     今回は倉敷みらい公園にとどまらず、JR倉敷駅北の陸橋までエリアを拡大。発光ダイオード(LED)も約5万個増やし、約15万個取りつける。11月23日、12月23日はマスキングテープを使ったランタンワーク ...
  • 西川緑道公園

     桃太郎大通り~あくら通りの約550メートル区間を過去最多の8万5千個の発光ダイオード(LED)で彩る。街路樹や遊歩道、下石井公園(岡山市北区幸町)東側にある水上テラスのほか、川面を照らす。会期 ...
  • イオンモール岡山

     1階メインエントランスはブルーとホワイト、5階「haremachi Garden」はキャンドルカラーのイルミネーションで演出する。
  • 西大寺緑花公園・百花プラザ

     西大寺緑花公園・百花プラザを1万2000個のLED(発光ダイオード)で華やかに彩る。地元の西大寺高校生徒が同プラザ北側のガラス壁の内側に電飾をデザイン。プレゼントを持ったサンタクロースやトナカ ...
  • 旭川荘資料館前

     旭川荘資料館前の広場「むすびの園」一帯を約1万個の発光ダイオード(LED)でライトアップ。サンタクロースやトナカイなどのクリスマスアイテムに加え、白クマや雪だるま、汽車などのイルミネーショ ...
  • マンガ絵ぶた公園

     「ハローキティ」「アンパンマン」といったおなじみのキャラクターのほか、アニメ映画、人気ゲームをテーマにした絵ぶた11基を内部から電球で照らす。12月3日午後6時半からの点灯式では、子どもたち ...
  • 津山市中心部

     今津屋橋商店街一帯を約3万個のLED(発光ダイオード)電球で彩る。12月3、4日午後3時~8時はオープニングイベントとして近くのソシオ一番街にイルミネーションの撮影スポットを設けるほか、飲食の屋 ...
  • 紺屋川一帯

     「愛らぶ高梁ウインターフェスタ2016」の一環で、高梁市青年経済協議会が、高梁基督教会近くの住之江橋から東へ約30メートルの区間をライトアップ。LED電球約1万5千個を設置している。高さ6メートル ...
  • 山陽新聞社さん太広場

     「おかやま桃太郎まつりMOMOTAROH FANTASY 2016」の協賛イベント。約2万個の発光ダイオード(LED)で樹木や植え込みを飾る。青と白、シャンパンゴールドの光に包まれ、ビルの壁にはサンタクロース ...
  • 作東バレンタインホテル

     結婚式場(トワホール)を中心に植栽などに約2万個のLED(発光ダイオード)を使い、赤や緑色に彩られたタワー、きらびやかなツリー、白く輝くトナカイなどを表現。クリスマスムードを盛り上げる。12 ...

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.