FAGIGATE|ファジゲート

ファジアーノ岡山のWEBマガジン

【J2第9節・愛媛戦】木山隆之監督『1ポイントを粘って取ったことはポジティブ』

【J2第9節・愛媛戦】木山隆之監督『1ポイントを粘って取ったことはポジティブ』

 相手に2度リードされながら勝ち点1をもぎ取ったファジアーノ。木山隆之監督のコメント全文は以下の通り。

木山隆之監督



 お疲れさまです。1600人強ですか、われわれのサポーターも来てくれて後押しをしてもらいました。感謝申し上げたいと思います。

 試合に関しては、立ち上がり、一つのボールロストからクリーンシュートを決められてしまって。それを取り返すために、まず時間を使わなきゃいけなかった。その中で、やっぱり先にリードを許してしまったので、愛媛さんの方もしっかり守ってっていうところで、それをなかなか崩せない前半だったかなと。もう少し、何だろうな、われわれもいい形で守備をして、相手のボールを奪って前に出ていくっていうことを想定したんだけど、逆にボールを持つ時間が長くなって、なかなか崩せないのは、自分たちの、これからやっていかなきゃいけない課題なのかなと。ただ、そういう状況だったので、人を入れ替えて立ち位置を変えて、後半スタートして、1点をなんとかっていう状況だったと思うんですけど。セットプレーで一つ取れて、さあ、ここからっていう時に、また一つすぐ失点して。自分たちの中で、今、勝負勘が欠けてるかなと。あそこでやっぱりもう一つ簡単に失点しないで、粘って前に出続けていくっていうことをしなきゃいけない時に、簡単に失点してしまった。最後は押せ押せでなんとか1点っていうところだったんですけど。1点は取れましたけど、3点目は取れませんでした。ゲーム自体はそういう試合だったのかなと思います。

 もちろん1ポイント取ったこと、粘って取ったことはポジティブに捉えて、また次に向かっていきたいですし、課題をしっかり克服していくことも、やっぱり勝ち続けていくためには重要なことだと思うんで、そこもしっかり謙虚に冷静に判断して、練習をしっかりしていきたいなと思います。

 ――後半になってファジアーノらしさが出てきた。ハーフタイムではどういった指示を出した?

 戦術的なポジションのチェンジと、...

この記事は有料会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

【J2第15節・長崎戦】早川『チームの勝利のためにっていうプレ...
【J2第15節・長崎戦】早川『チームの勝利のためにっていうプレーはできたかな』
【J2第15節・長崎戦】木山隆之監督『粘り強くゼロで守れたこと...
【J2第15節・長崎戦】木山隆之監督『粘り強くゼロで守れたことは、一つ収穫かなと』
【J2第14節・徳島戦】柳育『この現実をしっかり受け止めないと...
【J2第14節・徳島戦】柳育『この現実をしっかり受け止めないと、前には進めない』
【J2第14節・徳島戦】木山隆之監督『最初、2点目とやっぱり集...
【J2第14節・徳島戦】木山隆之監督『最初、2点目とやっぱり集中力というか、もったいない失点だった』
【J2第13節・山形戦】岩渕『最後追いつかれて、自分的に今年一...
【J2第13節・山形戦】岩渕『最後追いつかれて、自分的に今年一番悔しい』
【J2第13節・山形戦】木山隆之監督『連敗だけはどうしても許さ...
【J2第13節・山形戦】木山隆之監督『連敗だけはどうしても許されなかった』

Top