FAGIGATE|ファジゲート

ファジアーノ岡山のWEBマガジン

【コラム】もがいた背番号「10」宮崎幾笑 心に刻まれた勇敢なプレー

2022年6月の琉球戦で決勝点を決め、ベンチに駆け出す宮崎幾笑(左)と佐野航大(右)
2022年6月の琉球戦で決勝点を決め、ベンチに駆け出す宮崎幾笑(左)と佐野航大(右)

 J2ファジアーノ岡山を契約満了に伴い昨季限りで退団したMF宮崎幾笑が東京都社会人リーグ1部のSHIBUYA CITYに完全移籍することが8日、正式に決まった。J1・FC東京から2021年にファジアーノに加入し、背番号10をつけて22年まで通算42試合でピッチに立った。まだ25歳、首都の新興クラブで躍動し、再びJリーグの舞台でプレーする姿が見たい。(亀井良平)
...

この記事は有料会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

【ファジU-18リポート】悔しさも糧にして川上航生は強くなる
【ファジU-18リポート】悔しさも糧にして川上航生は強くなる
【ファジU-18リポート】相手は強い。だからキャプテンは楽しんでいる
【ファジU-18リポート】相手は強い。だからキャプテンは楽しんでいる
【ファジU-18リポート】初めてプレミアリーグを戦うチームの1...
【ファジU-18リポート】初めてプレミアリーグを戦うチームの10番・磯本蒼羽
【コラム】ルカオのシャドーは効き、可能性は広がる
【コラム】ルカオのシャドーは効き、可能性は広がる
【コラム】かつてないハイレベルな競争が始まる
【コラム】かつてないハイレベルな競争が始まる
【番記者対談】リーグ序盤戦のキーマンは誰だ?
【番記者対談】リーグ序盤戦のキーマンは誰だ?

Top