文字

青木山 聖徳寺(あおきさん しょうとくじ)

聖徳太子が訪れた地として知られる聖徳寺境内

和霊まつり(柴灯大護摩)

美作国七福神授与物

奇祭・和霊まつりで知られる聖徳太子ゆかりの寺

 714(和銅7)年、神融禅師により開山。森忠政の津山城築城の際、現在の地に移る。聖徳太子が訪れた地であり、ある日太子の夢を見た快映上人は、尊像を彫刻し本尊とした。

 同寺の鎮守・和霊大明神は厄除・開運の神として名高く、毎年7月30日には和霊まつりが開催。柴灯大護摩が夕夜を徹して焚かれるのは珍しく、地域での奇祭とされている。ほか、茶道愛好家が道具に感謝する、茶せん供養も有名。同寺は美作国七福神寿老人霊場としても知られ、ご利益を求めて県内外から参拝者が訪れる。

ご案内

住所/〒708-0006 津山市小田中1416
TEL/0868-22-4459
交通/中国自動車道・院庄ICから車で15分。JR津山線・津山駅から車で5分
HPアドレス/http://www.tvt.ne.jp/~syoutoku/
宗派/高野山真言宗
ご本尊/聖徳太子
鎮守/和霊大明神
開山/714(和銅7)年
ご利益等/開運、厄除、技術向上、交通安全、求子安産、長寿
代表的寺宝/絹本著色仏涅槃図、弘法大師掛軸、愛染明王像

年間行事

毎月第1水曜日/華道高野山生け花教室
毎月第2・4金曜日/御詠歌教室、体操教室
1月1日/修正会
2月3日/星祭節分会
4月18日/お砂踏法要
7月30日/和霊まつり
8月1日/写経と朝粥の会

【ココもオススメ 見とかれぇ】

天井の阿弥陀聖衆来迎図

 本堂の畳に仰向けになると、阿弥陀如来が菩薩を従えて迎えに来る姿を天井に見ることができる。臨終の際に、天上の音楽を奏でながら阿弥陀如来がやってくる姿はありがたく、ご利益もありそう。見たい方は、住職まで一声かけてほしい。


My記事保存

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.