文字

恵龍山 大聖寺(けいりゅうざん だいしょうじ)

兵庫県との県境近くに鎮座する大聖寺。関西や山陰からのアクセスもよく、県外からの参拝客も多い

多宝塔を背景に咲くアジサイ

鮮やかな赤い花色の仙翁花

四季を通じて花々に囲まれた「宮本武蔵」ゆかりの古刹

 738(天平10)年に聖武天皇の勅命を受けて行基が開山。その後、真言密教の道場として多くの人々の信仰を集めてきた。

 花と緑の聖地としても愛される同寺の境内は、全域が岡山県郷土自然保護地域に指定されている。四季のうつろいを咲き誇る花々で感じることができ、アジサイの時期はとりわけ多くの参拝客が訪れる。約6000株が群生する「あじさい園」は一番の見どころ。

 また吉川英治作『宮本武蔵』の舞台となったことでも有名で、吉川は同寺に滞在して構想を練った。

ご案内

住所/〒709-4213 美作市大聖寺1
TEL/0868-76-0001
交通/中国自動車道・作東ICから車で20分。JR姫新線・美作江見駅から車で20分
HPアドレス/http://daisyouji.or.jp/
宗派/真言宗大覚寺派別格本山
ご本尊/大聖不動明王
開山/738(天平10)年
ご利益等/縁結び、開運
代表的寺宝/不動明王像(平安時代作)、愛染明王像(延宝元年)、如意輪観音菩薩像(延宝元年) ほか

<年間行事>

1月1〜14日/修正会
立春の前日/節分会
3月27日/大聖不動明王縁日
6月中旬〜7月上旬頃/あじさい花まつり
8月16日/施餓鬼法会
12月11〜15日/五日三時の大法会
12月31日/除夜の鐘

【ぶらり散策 ここも見とかれぇ】

境内の冬景色

 師走~2月中旬頃まで、約1万本もの南天が真っ赤な実をたわわに実らせることから、「福寿南天(難転)寺」と称している。また寒椿(2月上旬~下旬)も美しく咲き乱れ、南天とともに新春の冬景色を鮮やかに彩っている。

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.