文字

宗忠神社(むねただじんじゃ)

黒住教教祖・黒住宗忠を祀る神社境内

拝殿に続く鳥居

神楽岡・宗忠神社(京都市左京区)

ご祭神

御鳳輦を中心に華麗な時代絵巻「御神幸」

七夕まつり

今村宮

どんど祭

“大元さま”で知られる、「黒住教」発祥の神社

<歴史>

「開運の神様」として県内外から崇敬される

 黒住教の教祖である黒住宗忠が祭神の宗忠神社は、1885(明治18)年に鎮座。これは、孝明天皇の仰せ出された唯一の勅願所である神楽岡・宗忠神社(京都)に続くもの。

 祭神の黒住宗忠は江戸時代の神道家で、備前御津郡今村宮の禰宜の三男として生を受けた。大病の後、1814(文化11)年の冬至の日、朝日に手を合わす中に、日神(天照大御神)との感激の一体感を得て、立教。広く布教につとめた。

 かつて、この宗忠の教えが伊勢神宮の神官より「神道の教えの大元」と称えられたことから、同神社は「大元さま」という名でも親しまれてきた。神社の隣に黒住教本部の本殿があったが、周辺の都市化が進むにつれ、壮大な日の出を求めて1974(昭和49)年に本部を神道山(岡山市北区尾上)に遷座。その後も神社は祭神の生誕地として、家内安全、学徳成就、病気平癒、厄除、事業繁栄など広く「開運の神様」として崇敬されている。

<見どころ>

岡山の春を彩る「御神幸」「通り抜け参拝」で合格祈願

 街中にありながら、静かで落ち着いたたたずまいの境内は、厳かな本殿と拝殿のほかに、黒住教の元の神殿だった建物を改修した武道館がある。同館は柔道や空手道、剣道など青少年の健全育成のために広く市民に開放されている。

 また、宗忠神社で最も有名な祭事が「御神幸」。これは同神社のご鎮座を記念して始められたもので、毎年4月第1日曜日に開催。そもそもは黒住宗忠が生前に仕えていた今村宮(岡山藩の守護神社)へ、鎮座の奉告と世界大和を願って御鳳輦を渡御したのが始まりとされる。市民の熱望により1891(明治24)年からは、御旅所を岡山後楽園にして、華麗な時代絵巻の行列が岡山市中を粛々と進む春の名物行事へと発展した。大阪の天満囃子、徳島の阿波踊り、高知のよさこい鳴子踊り、鳥取の傘踊りなどの協賛参加もあり、広く親しまれている。

 そのほか年間行事として、1月の「どんど祭」、2月の「節分祭」、夏の「大祓い夏まつり」、「七夕まつり」などがある。

 また、12〜2月は本殿前を特別に通り抜け(合格)することができる「通り抜け参拝」や、「合格祈願ご祈念」を目的に多くの受験生が訪れる。

ご案内

住所/〒700-0972 岡山市北区上中野1-3-10
TEL/086-241-0148
交通/山陽自動車道・岡山ICから車で20分。JR瀬戸大橋線・大元駅から徒歩10分
HPアドレス/http://www.munetada.jp/
http://www.kurozumikyo.com/
ご祭神/宗忠大神
創建/1885(明治18)年
ご利益等/開運、家内安全、病気平癒、眼病平癒、良縁達成、厄除、学徳成就、合格達成、交通安全 ほか

年間行事

1月1日/元旦祭
1月(成人の日)/どんど祭
2月3日/節分祭
4月第1日曜日/御神幸
4月上旬/勧学祭
7月30日(平成29年)/大祓い夏まつり
7月30・31日(平成29年)/七夕まつり
11月15日/七五三詣
12~2月/合格祈願祭
12月22日(平成29年)/冬至祭
12月31日/除夜祭

【ちょっと 見ていかれぇ】

東郷平八郎の直筆を模刻した石碑

 石碑の「宗忠神社」の文字は、日露戦争の際、連合艦隊司令長官として当時最強といわれたロシアのバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎元帥の直筆。祭神の教えを心のよりどころとして戦いに臨んだ元帥が、自ら認め天佑神助を感謝した。


ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.