文字

東海山 本源寺(とうかいさん ほんげんじ)

2016(平成28)年の万灯会の様子

力強く重厚なたたずまいの本堂

参道より望む総門

津山藩・森家菩提寺として知られる、城下町の禅寺

代表的ご利益
無功徳

 1340(興国元)年、足利尊氏により、美作国安国寺として院庄・神戸に建立。1607(慶長12)年に津山藩初代藩主・森忠政公により、森家菩提寺として現在地に移り、さらに忠政公五十回忌の時に本源寺と改号し現在に至る。同寺の「万灯会」という法要は、忠政公の奥方・お岩の供養のため、町民たちが城下町から墓所までを灯明で灯したのが始まりという。忠政公五十回忌まで76年間行われその後断絶。2016(平成28)年に、333年ぶりに復活し、毎年命日に合わせ行っている。

ご案内

住所/〒708-0006 津山市小田中1373
TEL/0868-22-7351
交通/中国自動車道・院庄ICから車で15分。JR津山線・津山駅から車で5分
宗派/臨済宗妙心寺派
ご本尊/釈迦如来
開山/1340(興国元)年
代表的寺宝/本堂・庫裏・中門・森家御霊屋・御成門(国指定重要文化財)、大名墓・七基(県指定重要文化財)、森忠政公像(市指定重要文化財)、達磨大師像、鎮守弁財天像、忠政公守本尊・十一面観音菩薩 ほか

年間行事

1月1~3日/修正会
2月15日/涅槃会
4月8日/花まつり
7月1日/第78回美作国万灯会
7月2~7日/特別拝観
7月7日/森忠政公毎歳忌(ご命日)

【ちょっと 見ていかれぇ】

花御堂と誕生仏

 1754(宝暦4)年に建立された花御堂に安置している誕生仏は、左手を上げ、指は自らの頭を指す珍しい格好をしている。一般的には右手を挙げ、指は天を指すが、なぜこのような格好になったかは不詳。毎年4月8日の花まつり(灌仏会)で拝観できる。


ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.