山陽新聞デジタル|さんデジ

グルメニュース

イチゴ11粒使ったパフェ販売 矢掛「水車の里フルーツトピア」

さがほのかを11粒使ったパフェ「いちごっ娘」
さがほのかを11粒使ったパフェ「いちごっ娘」
 岡山県矢掛町東三成の農業体験施設「水車の里フルーツトピア」は、施設内で栽培しているイチゴをふんだんに使ったパフェ「いちごっ娘」を売り出している。

 施設の指定管理者・エンジョイファーム(岡山市北区津島京町)が、併設するカフェの季節限定メニューとして考案した。強い甘みが特長の「さがほのか」を11粒使用。ムースやクリーム、シャーベットなどに加工して重ねたほか、丸ごと3個をトッピングした。イチゴが収穫できる5月ごろまで、1500円で提供している。

 カフェ責任者の川上忍さんは「ボリュームはあるが、甘さを抑え、さっぱりとした味に仕上げているので食べやすい」と話している。

 カフェの営業は午前11時~午後4時。水曜定休。問い合わせは水車の里フルーツトピア(0866―83―3423)。

(2020年02月14日 14時18分 更新)

【グルメニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ