山陽新聞デジタル|さんデジ

グルメニュース

グルテン含まない米粉クラッカー 岡山の「ナチュレルモン」開発

グルテンフリーの米粉クラッカー「Parriz co」
グルテンフリーの米粉クラッカー「Parriz co」
 自然食にこだわる洋食店「ナチュレルモン」(岡山市北区本町)は、米粉クラッカー「Par riz co(パリッ粉(コ))」を売り出した。アレルギー症状の原因とされるグルテンを含まない「グルテンフリー」の食品で、安全、安心な食の期待に応えようと開発した。

 グルテンは小麦などに含まれるタンパク質の一種。グルテンフリー食品は、小麦アレルギー対策として注目される。

 もともと小麦粉の自家製クラッカーを提供していた同店。オーナー山本和志さん(50)は2年前、スペインでグルテンフリー商品が充実しているのを見て「小麦アレルギーの人も安心して食べられる体に優しい商品を」と開発を始めた。

 だが岡山県産米粉へ変更しただけでは、うまく膨らまない。香りもあまり良くなかった。原材料の配合バランスを調整し、油も変え、1年がかりで完成。パリッとした食感と、ほんのりと広がるチーズの風味が特徴だ。

 製造は、障害者らの就労を支援するNPO法人「ステップハウスわ」(同丸の内)に委託。7月から本格的に販売を始めた。山本さんは「チーズはもちろん、蜂蜜やジャムを付けるのもお薦め。お酒のつまみ、子どものおやつにもぴったり」と話す。

 1袋(10枚入り)270円。山本さんが経営する同本町のワインショップ・プレヴナン(086―226―8341)でも扱っている。

(2019年08月25日 18時15分 更新)

【グルメニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ