山陽新聞デジタル|さんデジ

グルメニュース

スシローに「さくぱん」パフェ  カバヤが協業、パンダらしさ表現

さくさくぱんだを盛り付けたパフェ
さくさくぱんだを盛り付けたパフェ
 カバヤ食品(岡山市北区御津野々口)の看板商品のチョコレート菓子「さくさくぱんだ」を使ったパフェが、回転ずしチェーン大手「スシロー」のメニューに登場した。岡山県内など全国の店舗で扱っている。

 チョコムースやバニラアイスを盛り付け、さくさくぱんだをトッピングした。ササをイメージした抹茶味のクッキーも添え、パンダらしさを表現している。税別280円。無くなり次第終了する。

 カバヤ食品は昨年9月から、パンダのPRや保護を行う「LOVEぱんだプロジェクト」を展開。スシローを運営する「あきんどスシロー」(大阪)にもパンダのキャラクターがいる縁で、両社の協業が実現したという。

 カバヤ食品は「さくさくぱんだは味だけでなく、見た目のかわいさも魅力。若い女性や家族連れらに楽しんでもらい、ファンの拡大につなげたい」としている。

(2019年06月18日 18時58分 更新)

【グルメニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ