山陽新聞デジタル|さんデジ

グルメニュース

源吉兆庵に洋菓子の新ブランド 「ボン シャペリー」大阪に1号店

あべのハルカス近鉄本店にオープンした「ボン シャペリー」の1号店
あべのハルカス近鉄本店にオープンした「ボン シャペリー」の1号店
 菓子製造販売の源吉兆庵グループ(本部・岡山市北区幸町)は、洋菓子の新ブランド「Bon Chaperai(ボン シャペリー)」を立ち上げ、大阪市内に1号店を開いた。桃、クリなど果実を使った焼き菓子やケーキをメインに展開し、女性客らへの浸透を図る。

 同グループは和菓子の「宗家源吉兆庵」など5ブランドを展開。洋菓子部門は1992年に創設し、ゼリーなどが主力の「西洋菓子鹿鳴館」と合わせて2ブランド目。商品のラインアップを増やして事業を強化する。

 1号店は、大阪市の百貨店「あべのハルカス近鉄本店」の依頼を受けてテナントとして出店。看板商品で北海道産マスカルポーネチーズと桃のケーキ「ピーチーズ」(3個594円)やモンブラン(1個810円)など15種類を扱う。

 ブランドと同じ名称で、2月に設立したグループ子会社(東京、資本金1千万円)が約14平方メートルを賃借して運営する。従業員は6人。初年度は売上高1億5千万円を目指す。

 同グループは「将来的には約70種類まで商品を拡充したい。1号店の販売動向を見極めながら、多店舗展開を検討していく」としている。

(2019年06月19日 12時47分 更新)

【グルメニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ