山陽新聞デジタル|さんデジ

両山寺 (りょうさんじ)

観光スポット
  • 両山寺護法祭

    両山寺護法祭

    • 両山寺の二上杉

    • ライトアップされた二上杉

  • 両山寺本堂
    江戸中期に津山藩主森長盛公が寄進したといわれている本格的仏殿です。本堂は入母屋(いりもや)造りで、正面には唐破風(からはふう)造りの向拝(こうはい)が付いています。その向拝に施された、古風で美しい絵柄の「ひきまた」と「こうりょう」、木鼻の彫刻は、参拝に筋れた人々を魅了します。また、本堂の右側にそびえる約30メートルの二上杉は、樹齢約千年といわれています。
    二上山
    美しい二つの峰を持つ二上山は、古くは、神の宿る山を崇拝する日本古来の山岳信仰と平安密教が融合した山岳密教の聖地でした。秋には山上から、紅葉と眼下に広がる雲海を望むことができます。
    両山寺護法祭
    毎年8月14日深夜に行われる護法祭は、真言密教と修験道が融合した全国でも珍しい奇祭です。祭りのクライマックスは、護法様を憑けた護法実(ごほうざね)が暗闇の中を走り回る「お遊び」の儀式で、観客は護法様に捕まらないよう逃げまわります。
    [種類]高野山真言宗

    (提供:岡山県観光連盟)

    お店・施設情報

    住所 岡山県久米郡美咲町両山寺454
    問い合わせ 0868-68-0011
    アクセス JR津山線亀甲駅/車20分、または和田北行きバス20分/稲荷乢下車徒歩30分
    中国自動車道院庄IC/車40分
    駐車場 普通車40台 バス3台


あなたにおすすめ

ページトップへ