山陽新聞デジタル|さんデジ

観光スポット検索結果 211件

  • ジャンル:「神社・仏閣」
  • 地域:「全エリア」
  • 中山神社
    中山神社
    【主祭神『鏡作神』(かがみつくりのかみ)】  鏡作部の祖神 石凝姥神の御神業を称えた御名です。 中山神社の鳥居は、1791年(寛政3年)の作。 高さは約11メートル。花岡岩製。 両柱を支える貫...
    ⇒続きを見る
  • 福力荒神社
    福力荒神社
    まむし除けと安産の神様として知られ、旧正月の大祭にお参りすれば家族全員が、その他の日ならお参りした本人が1年中「まむし」の災いからのがれられるといわれています。
    ⇒続きを見る
  • 徳守神社
    徳守神社
    聖武天皇の御代天平5年(733)の創祀と伝えられている。 当初現在の津山市小田中の地にあったが、天文8年(1539)火災に遭い社殿 宝物等悉く焼失した。慶長8年(1603)美作の国18万650...
    ⇒続きを見る
  • 作楽神社
    作楽神社
    中世の美作の政治の中心地で、院庄の館(いんのしょうのやかた)のあった所で国指定の史跡です。 鎌倉時代の末頃、後醍醐天皇が隠岐に流される途中、この館にお宿りになり、児島高徳が館の庭の桜の幹を削って...
    ⇒続きを見る
  • 総社宮
    総社宮
    「総社」は,国中の神社を巡拝する慣しの不便をはぶくため,平安末期に国府の近くに造られるようになったもので,備中国の総社は324社の神々を1つに祀った社です。 [特徴]前庭の三島式庭園は古代の形式...
    ⇒続きを見る
  • 軽部神社
    軽部神社
    建武元年(1334年),福山城主 大江田式部大輔氏により祈願所として福山山頂に祭られていましたが,延宝6年(1678年)に今の地に移転造営されました。 [特徴]その昔、境内に樹齢400年の「垂乳...
    ⇒続きを見る
  • 消渇神社
    消渇神社
    消渇神社の主神である一豊姫は、戦国時代末の天文永録年間、この備中国後月郡(現在の岡山県井原市高屋町)で活躍した豪族・藤井能登守皓玄の姫でした。 社家の伝承によれば、姫は日頃身体病弱で天照大神少彦...
    ⇒続きを見る
  • 羽黒神社
    羽黒神社
    1658年、備中松山藩主・水谷勝隆が玉島港を開く際、干拓工事の成功を祈って出羽の羽黒神社を勧請した神社。 門前に開かれた港が瀬戸内有数の交易拠点へと発展し、羽黒神社を中心に玉島の街が形づくられた...
    ⇒続きを見る
  • 熊野神社
    熊野神社
    修験道の始祖・役行者とその弟子たちが開いた神社で、紀州熊野の十二社権現の神体をこの地に遷し祀ったものと伝えられています。明治の神仏分離政策によって、現在の熊野神社と五流尊瀧院とに分かれました。 ...
    ⇒続きを見る
  • 穴場神社
    穴場神社
    穴場神社のご祭神は盤長姫命 盤長姫は大山祇神社のご祭神大山積神の御子神で天照大神の孫神瓊々杵尊のお妃木花開耶姫の姉姫に当たります。寛政十年に大山祇神社からご分霊をいただき当所中島小溝の地に鎮座い...
    ⇒続きを見る
  • 阿智神社
    阿智神社
    美観地区の一角にある鶴形山の山頂に鎮座する創祀1700年を超える古社。 本殿に向かって左側の境内に巨石を組んだ蓬莱様式の磐座があり,荒神社の所にも枯れ滝の石組があります。 築造期は不詳であるが...
    ⇒続きを見る
  • 吉川八幡宮
    吉川八幡宮
    京都の石清水八幡宮の別宮として、平安時代中期に創建されたと伝えられる国指定重要文化財です。当番祭は県下三大祭りの一つであり、約1ヶ月続き、大祭のハイライトは、白装束の当番様による「走り競べ」です。
    ⇒続きを見る
  • 由加神社
    由加神社
    延歴9年(790年)和気清麻呂が氏祖弟彦王も配祀したとの社伝を持つ。「天永3年(1112年)、大神主和気朝臣欽行」の棟札が今に伝わる。
    ⇒続きを見る
  • 和氣神社(和気神社)
    和氣神社(和気神社)
    祭神は和気清麻呂・和気広虫・和気清麻呂の祖6柱・応神天皇。旧社格は県社。宇佐八幡宮神託事件(道鏡事件)で活躍した和気清麻呂を祀る神社として親しまれている。 拝殿前には全国的にも珍しい狛亥(イノシ...
    ⇒続きを見る
  • 日吉神社
    日吉神社
    本神社の創建年月日・由緒等不詳。もと、大ケ島村大雄山大賀島寺の境内の御鎮座であったが、明治2年、火災のため社殿全部が焼失したので、笠松神社に相殿として奉斎した。
    ⇒続きを見る
  • 牛窓神社
    牛窓神社
    牛窓海水浴場すぐ横の石段は、牛窓神社の正面参道。 うっそうとした木立の間に刻まれた長い石段を登った林の中に、牛窓の地の土地の神霊と代々世々の祖先の神霊を祭った、東備の鎮守・牛窓神社が鎮座しています。
    ⇒続きを見る
  • 閑谷神社
    閑谷神社
    学校創設者池田光政公を祀るために貞享3年(1686)に建てられました。西側に並ぶ聖廟に対して、東御堂ともいいます。内部は金色に輝く光政像が安置されています。建物は聖廟に比べて一まわり小さく、1m...
    ⇒続きを見る
  • 春日神社
    春日神社
    高良八幡宮、恵美須宮、荒神社、春日神社等日生地区内の神社棟札が集められ、保存されている。最古のものは、高良八幡宮の延宝2年(1674)8月のもの。(市指定重要有形文化財) また、九州五島列島の平...
    ⇒続きを見る
  • 天津神社
    天津神社
    千年の歴史をもつ由緒ある神社。 屋根瓦、狛犬、参道の敷石、参道沿いの塀の陶板にも備前焼が使用されています。 備前焼の絵馬(1,000円)も販売されています。
    ⇒続きを見る
  • 吉備津彦神社
    吉備津彦神社
    吉備国平定のため朝廷から遣わされた吉備津彦命(きびつひこのみこと)を祀る神社。命の屋敷跡に社殿を建てたのが起源とされています。 江戸時代には、岡山藩主池田家の崇高厚く、社領の寄進やご社殿の再建が...
    ⇒続きを見る
ページトップへ