山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

おかやま桃太郎まつり13日開幕 伝統芸能やご当地グルメ

おかやま桃太郎まつり13日開幕 伝統芸能やご当地グルメ
 郷土の歴史、芸能、食をテーマにした「秋のおかやま桃太郎まつり」が13、14日、岡山市中心部で開かれる。岡山城(同市北区丸の内)を主会場に時代行列、伝統芸能の上演、ご当地グルメの販売といった多彩な催しを繰り広げる。

 岡山城では2日間、天守閣前広場と中段広場に舞台が設けられ、歌や踊りのステージを展開、ビアガーデンも“オープン”する。13日は、初代城主にちなんだ「戦国の貴公子 宇喜多秀家☆フェス」を開く。秀家が最期を迎えた東京・八丈島の住民による踊りと太鼓、鉄砲隊の演武などが披露されるほか、公募の市民らが秀家や妻の豪姫に扮(ふん)して表町商店街から練り歩く。

 近くの石山公園(同石関町)では両日とも、岡山県内のグルメを集めた「ふるさと食の自慢市」を開催。新見市の千屋牛肉の串焼きや倉敷市の下津井のたこめし、地ビールなどを販売する約30のテントが並ぶ。

 まつりは12~14日を予定していたが、台風19号の影響で12日を中止にした。

 同時期開催イベントの「マーチング・イン・オカヤマ」も13日に開幕。JR岡山駅東口広場や山陽新聞社さん太広場などでパレードする。「おかやま国際音楽祭 下石井3DAYS」も下石井公園(同幸町)で開かれる。どちらも14日まで。岡山城廊下門前で13日に予定されていた人気キャラクター「ダッフィー」をモチーフにしたラッピングバスの展示は中止となった。

 まつりは岡山県、岡山市、岡山市連合町内会、岡山商工会議所、岡山青年会議所、おかやま観光コンベンション協会、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、山陽新聞社でつくる運営委員会の主催。問い合わせは同委員会(086―803―8015)。

(2019年10月12日 12時24分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ