山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

スマホ決済で岡山のバー飲み歩き 19日までイベント「てくてく」

 スマートフォン決済サービスを使った“キャッシュレス飲み歩き”イベント「てくてく」が13~19日、岡山市中心部のバー13店が参加して開催される。カクテルの日(13日)に合わせた初の試み。

 スマホ一つで気軽に出掛けてもらおうと、ソフトバンクとヤフー傘下の決済サービス「ペイペイ」と協力。各店ではスマホに登録したペイペイでの支払いを条件に、特製カクテルが味わえたり、チャージ料金が無料になったり、限定おつまみが楽しめたりといったサービスが受けられる。

 「スマホをかざすだけで支払いが済み、手軽。ぜひ遊びに来て」と参加店の一つ、Bar Maeda(同市北区野田屋町)の前田農店主。問い合わせは同店(086―225―6578)。

 米国の新聞にカクテルの定義が初掲載されたのが1806年の5月13日だったことから、この日は世界的に「カクテルの日」とされる。日本では同日を含む1週間をナショナルカクテルウィークと題し、各地でイベントやフェアが行われる。

 ほかの参加店は次の通り。(いずれも同市北区。店休日や営業時間は店ごとに異なる)

 アヴァンティー(野田屋町)華伝座(丸の内)たこ焼きバー・リーフ(柳町)PAGANINI(石関町)ラグーン(表町)ヒソップ、ステラ、ニシモト(田町)VESPA、マジックパン(幸町)トロワバー、ハイドアウト(本町)

(2019年05月12日 11時56分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ