山陽新聞デジタル|さんデジ

週末は子連れで出かけよう エッグ&チキン、マラソンEXPO…

大勢の人でにぎわう昨年の「おかやまマラソンEXPO」
大勢の人でにぎわう昨年の「おかやまマラソンEXPO」
 先週に続き、晴天に恵まれそうな週末です。行楽シーズンということもあり、野外のイベントが盛りだくさんです。倉敷市では、西日本豪雨の復興支援を目指すファミリー向けのフェスが企画されているほか、岡山市では、池田動物園で卵と鶏肉をPRする「こっこちゃんフェア」、おかやまマラソン(11日)のフィニッシュ地点になるシティライトスタジアム一帯では、「おかやまマラソンEXPO」が盛大に開かれます。

 倉敷市寿町の倉敷みらい公園で11日、倉敷青年会議所による復興支援イベント第1弾「SMILE UP!! KURASHIKI」が開かれます。子ども連れの家族らが楽しめる内容で、お笑いコンビにゃんこスター(午後2時、4時)やシンガー・ソングライターの千里-chisatoさん、宮竹ようこさんら地元アーティストがステージを繰り広げます。ニュースポーツのスラックラインやストラックアウト、現代版ベーゴマ「ベイブレードバースト」などが体験できるブースのほか、ホットドッグ、カレー、うどんといった屋台も登場します。

 屋台の売り上げの一部を倉敷市に寄付するほか、高校生ボランティアが会場を巡り、募金を集めます。午前11時半~午後6時。入場無料。

 卵と鶏肉の料理をつまみながら、動物園も散策できるのは、10日に池田動物園で開かれる恒例の「こっこちゃんフェア~おかやまエッグ&チキン」です。卵焼きや、鶏肉の鉄板焼き、唐揚げ、焼き鳥などの試食ができるほか、県産の鶏卵や鶏肉を市価より2~3割安く買うことができます。クイズラリーや卵の重量当て大会も。ちらしの塗り絵を完成させて持参すると、1枚につき2人まで入園料(大人1080円など)が1人100円になります。ちらしは県庁や動物園などで配っています。午前10時~午後4時。

 「おかやまマラソンEXPO」は、ランナーらに郷土のグルメや特産をPRする催し。10、11日にあり、津山名物のホルモンうどん、日生カキオコ、たまの温玉めし、ひるぜん焼そばといったご当地グルメをはじめ、倉敷発の人気のマスキングテープ、備前焼などを販売する74のブースがずら~り。赤や黄色に色づき始めたスタジアム一帯の紅葉を楽しみながら、そぞろ歩きもいいですね。大会当日は、沿道で応援してランナーと一体感を味わえたら最高ですね。

 10日は午前10時~午後7時半、11日は午前9時~午後3時半。

(2018年11月09日 04時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ