山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

重伝建巡って謎解きを 備中県民局スタンプラリー

重伝建の謎解きスタンプラリーのパンフレット
重伝建の謎解きスタンプラリーのパンフレット
 岡山県備中県民局は管内にある三つの重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)を巡ってもらおうと、各重伝建にまつわるクイズに答えてスタンプを集める「重伝建の謎解きスタンプラリー」を実施している。3カ所のスタンプを全て集めて応募すると、備中エリアの特産品が抽選で当たる。来年2月28日まで。

 管内の重伝建の認知度向上と、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光需要の回復が狙い。倉敷市の美観地区、高梁市の吹屋地区、矢掛町の矢掛宿の3カ所で実施する。

 クイズは各重伝建につき3問ある。応募用紙の回答欄に記入後、倉敷館観光案内所(倉敷市中央)▽旧片山家住宅(高梁市成羽町吹屋)▽矢掛ビジターセンター問屋(といや)(矢掛町矢掛)―の各施設でスタンプを押してもらい、3個集めて各施設にある応募ボックスに入れる。

 特産品は1万円相当(3人)▽5千円相当(9人)▽2千円相当(20人)。応募用紙には飲食店などで使えるクーポン券が付いている。スタンプを3個集めると、先着3千人にマスキングテープを贈る。

 同県民局地域づくり推進課は「備中地域に残る美しいまち並みを巡り、歴史を深く知るきっかけにしてもらえれば」としている。

 問い合わせは委託先のビザビ倉敷支社(086―422―2635)。

(2021年12月04日 16時47分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ