山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

岡山県内の「おいしい」一堂 24日、岡山でマルシェ

マルシェのチラシを手に来場を呼び掛ける山本さん
マルシェのチラシを手に来場を呼び掛ける山本さん
 岡山県内のこだわりの食品を集めたイベント「おかやまの美味(おい)しいマルシェ」が24日、岡山市中心部の西川緑道公園沿いにあるレストラン「ナチュレルモン」(同市北区本町)で初めて開かれる。

 新見市産のイノシシ肉を使ったシューマイ、ソーセージをはじめ、カカオ専門店「石挽(いしびき)カカオ issai(イッサイ)」(矢掛町)の菓子やドリンク、笠岡市・北木島沖で育てた「喜多嬉(きたき)かき」の加工品などを扱う7ブースが登場。他に県産白桃を素材にしたマヨネーズ、ジビエ(狩猟肉)やカキを入れたキッシュもあり、イートインコーナーを用意する。

 マルシェは同日開催予定だった同緑道公園筋を歩行者天国にする「ホコテン!」が中止になったのを受け、規模を縮小して、「ホコテン!」実行委員長の山本和志さん(52)が経営するレストランで開くことにした。

 山本さんは「山から海まで多彩なフードが集まるイベント。足を運んでもらえれば」と話す。

 時間は午前10時~午後2時。

(2021年10月22日 07時18分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ